• CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル

製品ラインナップ
ウェブカタログ

TOKYO AUTO SALON 2022

2022.1.14FRI15SAT16SUN
MAKUHARI MESSE

イベント概要

Event
開催スケジュール
1月14日(金)9:00~19:00
ビジネスデイ[業界&報道関係者のみ]  
※一般公開はございません
1月15日(土)9:00~19:00(一般公開日)
1月16日(日)9:00~18:00(一般公開日)
開催場所
幕張メッセ 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1
CUSCOブース
国際展示場 西ホール ホール3 ブース No.311
ウェブサイト
http://www.tokyoautosalon.jp
出展者情報ページ
http://www.tokyoautosalon.jp/exhibitors/detail/10361

ブースイメージ

Booth
ブースイメージ

展示車両

Car
  • CUSCO GR86 Formula D

    CUSCO GR86 Formula D

  • CUSCO GR YARIS Formula D

    CUSCO GR YARIS Formula D

  • CUSCO GR86

    CUSCO GR86

  • CUSCO GR YARIS

    CUSCO GR YARIS

YouTube & Instagram ライブアーカイブ

東京オートサロン現地からお届けしたライブ配信すべてをご覧いただけます!
CUSCOパーツ・モータースポーツ情報や、普段は聞けないドライバーのウラ話まで情報満載です!
ぜひご覧ください

メンバー紹介

1.16SUN
CUSCO DRIVER

ドライバープロフィール

Driver profile

柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし)

Hiroshi Yanagisawa
柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし) 柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし)車両画像 柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし)車両画像

株式会社キャロッセ 営業部長、CUSCO RACINGドライバー

1990年20才でラリー活動を開始し、群馬県を中心に地方選手権への参戦を続けプライベートでキャリアを積む。1997年は全日本ラリーBクラスにシリーズ参戦し、三菱ミラージュ(CJ4A)でのクラス優勝などの活躍により故・加勢裕二にその才能を見込まれ、翌年キャロッセ入社と同時にクスコレーシングからラリーに出場。1998年から2002年までは全日本ラリー選手権Cクラスにスバル インプレッサなどで参戦。2004年からは世界ラリー選手権、アジア・パシフィックラリー選手権に参戦。海外強豪との優勝争いで速さに加え強さも身に付け、7年ぶりに復帰した全日本ラリーではシリーズ復帰1年目で総合優勝を飾る。2016年はプジョー208 R2で全9戦中5勝をマークし念願の全日本ラリータイトルを獲得。2021年はシュコダファビアR5で全日本ラリーを戦いシリーズ4位を獲得。

  • 2006年

    FIA アジア・パシフィックラリー選手権 シリーズランキング2位(GDBインプレッサ)

  • 2008年

    FIA アジア・パシフィックラリー選手権 シリーズランキング3位(GDBインプレッサ)

  • 2014年

    FIA アジア・パシフィックラリー選手権 第5戦 総合2位(VAB WRX-STI)

  • 2011年

    JAF 全日本ラリー選手権 第5戦 ラリー北海道 総合優勝(ランサーEvo.10)

  • 2012年

    JAF 全日本ラリー選手権 第4戦 ラリー洞爺 総合優勝(GRBインプレッサ)

  • 2016年

    JAF 全日本ラリー選手権 JN-5クラスチャンピオン(プジョー208 R2)

  • 2021年

    JAF 全日本ラリー選手権 JN-1クラス シリーズ4位(シュコダ ファビアR5)

草場 佑介(くさば ゆうすけ)

Yusuke Kusaba
草場 佑介(くさば ゆうすけ) 草場 佑介(くさば ゆうすけ)車両画像 草場 佑介(くさば ゆうすけ)車両画像

PS13ワンビアで様々なドリフト大会に出場し、その実力でD1GPにも参戦。2016年までD1GPで活躍した後、2017年からFORMULA DRIFT JAPANに本格的に参戦すると、第2戦のエビスサーキット・西コースでファイナルに進出し準優勝を果たす。2020シーズンはクスコレーシングがGRスープラでFORMULA DRIFT JAPANに参戦するにあたりドライバーに抜擢され、4戦すべてで決勝トーナメント進出を果たした。2021年シーズンも引き続きクスコGRスープラのステアリングを握り、第4戦では3位表彰台を獲得。シリーズランキングでも7位に食い込み、マシンの熟成とともにその実力をアピールした。

  • 2009年

    D1SL 地方戦セントラルシリーズ シリーズチャンプ

  • 2011年

    MSC東日本スーパークラス シリーズチャンプ

  • 2014年

    D1SL インターシリーズ シリーズランキング7位(シード入り)

  • 2016年

    D1グランプリ シリーズランキング 22位

  • 2017年

    FORMULA DRIFT JAPANスポット参戦 Rd.2エビスで準優勝

  • 2019年

    FORMULA DRIFT JAPAN シリーズランキング16位

  • 2021年

    FORMULA DRIFT JAPAN Rd.4 奥伊吹 3位入賞
    シリーズランキング7位

  • POTENZA On Web FDJページ

金田 義健(かねだ よしたつ)

Yoshitatsu Kaneda
金田 義健(かねだ よしたつ) 金田 義健(かねだ よしたつ)車両画像

免許取得と同時にドリフトを始め、2012年から競技に出場。自ら製作したS15シルビアでMSCチャレンジ、D1ストリートリーガルシリーズなどに参戦し好成績を残す。2016年からはスポッターとしてドリフト競技に関わりつつ、2018年にはD1グランプリにスポット参戦。2020年に草場選手のスポッター兼テストドライバーとしてクスコレーシングに参加。2021年はその腕を見込まれドライバーとしてもクスコレーシング86でFORMULA DRIFT JAPAN 2に出場し、開幕戦エビスでは単走・追走ともに最上位で優勝。Rd.5 鈴鹿ツインでは総合2位に入賞するなど、ブランクを跳ね除けシリーズランキング2位を獲得した。

  • 2012年

    MSC全国大会トリプルクラス優勝

  • 2013年

    MSC全国大会トリプルクラス優勝

  • D1ストリートリーガルインターシリーズ参戦

  • 2014年

    MSC全国大会スーパークラス4位

  • 2015年

    フォーミュラドリフトジャパン参戦

  • D1ストリートリーガルRd.5エビス準優勝(同年シリーズランキング15位)

  • 2018年

    D1グランプリ Rd.7エビスにスポット参戦 最終15位

  • 2021年

    FORMULA DRIFT JAPAN 2シリーズ参戦

  • Rd.1エビス優勝 / Rd.5鈴鹿ツイン総合2位

  • シリーズランキング2位

バーチャルブース

Virtual booth
バーチャルオートサロン 車高調サスキット ボディ補強パーツ サスペンションパーツ CUSCO LSD クラッチシステム

マーカーを押すと関連ページをご覧いただけます。

ご来場の際はマスクの着用、手指の消毒、入場時の検温等の感染症対策へのご協力をお願いいたします。

事前に新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いいたします。

商談時や会話の場面では大声で話すことは避け、最低1m以上のソーシャルディスタンスを確保するよう努めてください。

新型コロナウイルスの感染状況等によってはコンテンツの変更、中止する場合がございます。

  • CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.